Q&A

Q1

リフォームとリノベーションって何がちがうの?

リフォームはRe(再生)+form(形)。
「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すためにキレイに修復する意味合いが強く、古くなったキッチンを新しいモノに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。

リノベーションはRe(再生)+innovation(革新)。
修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」という内容もあり、より良く創り替えるという目的が含まれています。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多いですね。
Q2

リノベーションができる条件ってあるの?

基礎や地盤、構造躯体に致命的な不具合がある場合は、無理にリノベーションをするのではなく、新築での建て替えをオススメする場合もございます。
crieは住まいづくりのプロとして、お客様が大きな費用をかけるだけの価値がより多く見い出せるか?を最も大切に考えております。
Q3

新築と中古リノベーションだったらどっちがお得?

お客様ご自身のライフスタイルの価値観により、新築・中古リノベーションをご検討されることが一番大切です。リーズナブルな予算だけで中古リノベーションを選ばれる方も多いようですが、少なくとも以下の点に関してのご家族会議は必要だと思います。

リノベーションをオススメしたい方のパーソナルイメージ
□ご家族構成が2~4名、もしくは一人暮らし。
□暮す場所が地元ではない、もしくは転勤の可能性がある。
□駅からできるだけ近い場所に住みたい。
□所有車は2台以下、もしくはバイク派。
□予算が少な目だと感じる。
□自宅にいる時間が好き、もしくは自宅で仕事をしている。
□新品よりもアンティークを好む。
□節や粗など自然な仕上がりが好き。
□見ることや参加するなど、モノづくりが好き。
□何事もメンテナンスすることは大切だと思う。
※該当する項目が半分未満の方は新築がオススメです。

お宝物件を購入することができれば、中古リノベーションが本当にオススメです。こちらは運も大切な要素です。
お客様の日ごろの「行い」はいかがでしょうか?(笑)

Q4

間取りは変えられる?

マンションタイプは、お客様のご要望をふまえて間取りを一からご提案いたします。まさに自由自在の間取りが可能です。しかも、費用はすべて標準仕様に含まれております。
戸建てタイプも同様に間取りの変更は可能ですが、既存の柱を撤去、もしくは移動する場合、梁補強工事を行う必要がございます。ご心配な方は一度、現地確認をさせていただくことをオススメいたします。
Q5

耐震補強も出来るの?

木造戸建の場合
土台と柱、柱と梁をつなげる柱頭柱脚や、柱と柱の間に斜めに通す筋交い金物、梁と梁を強固に連結する羽子板金物などに不具合がある場合、現在の建築基準に合わせてすべて再施工いたします。こちらは標準仕様となっておりますので別途に費用はかかりません。
また、地震や風など、横からの力に強い耐力壁を増やし、性能を向上させるための耐震診断&耐震補強工事はオプションにて対応いたします。耐震性能に不安がある建物もお気軽にご相談ください。

マンションの場合
共有部分にあたる躯体の耐震補強はいたしかねます。予めご了承くださいませ。

Q6

期間はどれくらいかかるの?

お部屋の大きさにもよりますが、戸建てタイプの場合、新築建替え(約5~9ヶ月)のおおよそ1/2の工事期間となります。マンションタイプの場合は約2~4ヶ月程度の期間が目安です。
また、crieではスケジュール早見表をご用意しております。お客様がスケジュール管理でご不安にならないよう心がけておりますのでお気軽にご相談くださいませ。
Q7

定額制と書いてあるけど、値引きはしてもらえないの?

定額制のパック商品のため、基本的にお値引きはいたしかねます。ただし、「6帖の和室はそのまま」「浴室は既設のままでOK」など、部屋ごとに工事が発生しない内容はもちろんマイナスさせていただきますのでご安心くださいませ。
また、「完成見学会」や「写真のサイト使用」などOKをいただけた場合は特別なお値引きプランもご用意しております。
Q8

リノベーション費用のローンって組めるの?

中古物件購入費用と工事費用を別々にお支払いする場合は専用のリフォームローンやリフォームクレジットをご用意しております。物件購入と工事費を一緒にローンでお考えの方は提携の銀行をご紹介させていただきます。
Q9

賃貸でもリノベーションできる?

賃貸の場合、退出することを想定して借りているので、基本的(一部の企業を除き)にはリフォームやリノベーションは不可能です。オーナー様の許可が下りれば可能ですが、ほとんどの場合、許可が下りないことが予想されます。反対にご自身の理由ではなく、一般の人が生活するにあたり困難な状況がある場合、貸し主の義務を怠っているので、早急に連絡しましょう。
Q10

リノベーションをする時の注意点を教えて

失敗しないリノベーションの極意は大きく分けて3つです。


①中古物件選び
お宝物件を購入することができれば、中古リノベーションが本当にオススメです。
詳しくは小冊子をご用意しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

②ローン選び
一般的な新築購入と違って、中古物件購入&リノベーションの場合、ローンの選択肢が多く、ローン選びによって、支払い総合計金額が数百万円も違うことがあります。
物件選びと平行して、ライフプランシミュレーションを行うことがとても大切です。もちろん、crieで行うことも可能ですよ。

③コーディネーターのプランニング力
見た目のデザインや工事費用のリーズナブル感だけで判断し、3~5年後に後悔をしない提案を選びましょう。
ポイントとしては

・お客様の要望だけを取り入れたプラン。・・・×
大変恐縮ですが、お客様は住まいづくりのプロではありません。
部屋の広さ、収納の大きさ、棚の枚数や高さ、などなど、プランすべての内容をお客様に求めるコーディネーターがいますが、私にはプランの責任や住まいづくりの質の向上を放棄しているとしか考えられません。
お客様の本当の幸せを考えるのならば、お客様が納得していただけるまで伝えることもプロの仕事だと考えます。

・お客様の趣味や理想のライフスタイルの話で盛り上がった。・・・
crieは「なぜ、お客様はそうしたいのか?」という内容をとても大切だと考えます。お客様の価値観や趣味、新居での理想や夢の生活などのお話は大好物です(笑)
反対に、そこに住まうお客様の気持ちが分からないと素敵なプランは生まれないはずですね。

・東西南北や太陽を意識したプランである。・・・
インテリアやエクステリアの見た目のデザインだけを考えても「快適な空間」とはなりません。太陽の光や風の流れを意識して、空間の温度と湿度を意識することが特に重要です。そうすることで快適性や経済性の高い住まいに近づきます。

・打合せ中にお客様の荷物の量を確認された。・・・
お客様がどんな荷物を持っていて、どのくらいの量があるか。これらを把握することで、家事動線や収納の位置や広さの提案は大きく異なります。できる限り、明確に伝えることもお客様の大切な仕事です。

・風水や家相をしっかり取り入れたい。・・・×
風水や家相をすべて否定するつもりはございません。しかし、意識しすぎた結果「健康で快適で経済的な空間」の質が低下することがあってはならないと思います。
プロの建築家は長年の経験や建設業界全体のデータを駆使して、まさに建設的にプランを組み立てます。風水や家相を意識しすぎた結果、暗さや冷たさなどストレスを感じる空間を何十年と我慢することは、お客様にとっての豊かさにつながるとは考えにくいものです。

Q11

リノベーションしても長く住めないの?

その後も長く住むことが可能です。本来、一般的な住宅の場合でもしっかりメンテナンスすることで、木造の住宅で80年以上、鉄筋コンクリートのマンションで100年以上、持たせることができます。
しかしながら残念なことに、ローコストと言われる分譲住宅の場合、土台や柱が安価で細い住宅も存在します。その場合、それ以下として考慮する必要があります。
Q12

中古物件を探すコツって?

ポイントは大きく3つです。
・築年数
・交通機関へのアクセス
・物件の情報量
詳しくは小冊子をご用意しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。
Q13

実際に物件を見に行くときに気を付けるポイントは?

正直、ポイントは物凄くいっぱいあります!(笑)しかし、そのすべてをお客様が判断する必要はないと思います。
外装や内装はリノベーションで一新でき、現状がキレイ、汚いなど関係ありません。
建物の傾きや老朽化は、必ずプロに見てもらう必要があります。
では、お客様は何に気を付けて確認する必要があるのでしょうか?

答えは、その住まいが「何となく好き」と感じられたか?どうか?です。

① 住まいの外観を様々な角度からゆっくりと眺めてください。
② アプローチから玄関までに目にする景色をしっかりと感じてください。
③ 玄関ドアを開けた瞬間の雰囲気を覚えておいてください。
④ リビングや部屋から見える景色を眺めてください。
⑤ 何となく好きと感じられたか?を自身や家族と話し合ってください。

これから永く生活する場所です。建物ばかりに気を取られず、日々目にする景色や聞く音や周辺の環境が「何となく好き」と感じられる方がいいですよね。
可能であれば、写真を撮ったり、メモを残しておくことも大切です。

Q14

クリエすずき建設ではどこまで面倒見てくれるの?

お客様が相談したいと思ったことは「すべて」お気軽にご相談くださいませ。
工事の補償期間が経過しても「困ったことがあれば」お気軽にご相談くださいませ。
crieはただ家をつくるだけの工務店ではありません。お客様の人生を楽しくデザインするライフスタイルデザインショップです。

資料請求 お問い合わせ
ページトップへ